不断消失的「本屋さん」:独立小书店为何在日

津津有味地、很有兴趣地看见了贝壳村网站上有村人写了“黄色大国”的日本的黄色书,以及这类书对日本下一代的“有害”、“无害”……深有同感。又不尽理解其文的深遂含义。日本的“24小时店”,在大都市为毎500米一店舗,中、小城市以下则不然,少多了。再则,进“24小时店”看了后就会晓得,所谓“黄色书籍”的摊位的面积甚小。日本毎年公布“24小时店”的店舗数,以这些店舗数的“黄色书籍”要打造一个“黄色大国”的日本显然是困难不小的。不过,这些“黄色书籍”对于“有害”于下一代则是毫无异义的。另外,想说一点的是,日本的“黄色书籍”并不名“黄色”,这一点犹如我们中国,现在已经是很少有人称之以顔色了,抑或如此会引起被人道为 out 的可能。日本的这一类书刊、杂志、画册美其名曰:Ero 本,即有一点Erotism 味道的书刊的意思,但是却不是一个略语。今天,只要是关心一点中国与日本“图书”环境的人就会晓得,目前的中国、日本在Ero 本信息的相互拥有上,可以毫不Kua张地说,日本有什么,中国就知道什么。这也证明了正能量是不可轻视的。下面不妨就来一起围观一下以下拍自去年12月与今年3月份的日本“24小时店”里的部分“黄色书籍”。

多くの人が実感しているだろうが、日本にある書店の数は、この20年ほどで半数以下に減った。かつては駅前や商店街に必ずといってよいど存在していた「本屋さん」が、人々の生活空間から消えつつあるのだ。なぜ、これほど書店がなくなっているのか。今後、書店という業態はわれわれの前から姿を消してしまうのだろうか。

图片 1

或许很多人已经感受到近20年来,日本书店的数量已经减少了一半多。以前车站前和商业街上必定会有一家书店,如今却渐渐消失在人们的生活空间中。为什么那么多的书店会倒闭?日后,书店这种经营模式会在我们眼前彻底消失吧。

图片 2

图片 3

图片 4

まず、書店が大幅に減少している背景には、単に本が売れなくなっているという要因だけではなく、日本独特の出版産業の構造がある。

图片 5

首先,造成书店大幅减少,除了书卖不出去这一主要原因外,日本出版业特有的组织构架也有其影响。

图片 6

雑誌が支えてきた出版流通

图片 7

杂志支撑着出版流通

图片 8

展开剩余93%

图片 9

欧米先進国と日本の書店の最大の違いは、日本の書店は雑誌を多く販売してきたという点である。一般的に日本以外の国の書店は「書籍店(BookStore)」であり、雑誌はニューススタンドやドラッグストアなどで販売されてきた。書店店頭に毎日新しい雑誌が次々に並ぶという風景は、日本にしかないのだ。

图片 10

欧美发达国家的书店与日本的书店最大的差异在于,日本书店会销售大量杂志。一般情况下其他国家的书店即‘图书店(BookStore)’,杂志是在报刊亭和药妆店售卖的。只有日本的书店才会在店面里每日不断更新出版的杂志。

图片 11

書籍の販売で得る利益で経営を支えている欧米の書店と違い、日本の書店、特に中小規模の書店は、雑誌の販売で利益を上げてきた。

图片 12

与靠着销售图书得到的利润维持经营的欧美书店不同,日本的书店特别是中小型书店是靠贩卖杂志获利的。

图片 13

图片 14

图片 15

この構造は、出版の流通を担う「取次」によって実現されてきた。日本には日本出版販売、トーハン、大阪屋栗田といった取次会社が存在し、これら総合取次と呼ばれる各社は、書籍と雑誌を両方流通させている。

图片 16

出版物的发行流通是靠代理公司,在日本有着日本出版贩卖、TOHAN、大阪屋栗田这些代理公司。这些被称为综合代理的公司负责书籍和杂志两边的发行流通

图片 17

年間7万タイトルの新商品が発売され、代替性に乏しく、基本的に繰り返し購入のない書籍に比べて、大量生産が可能で、計画性のある雑誌のほうが効率がよいことは言うまでもない。

图片 18

比起缺乏代替性基本上不会被重复购买的书籍,不用说,每年有着7万新刊发售量能够大量生产且有计划性发行的杂志利润更高。

图片 19

取次とは、その効率がよい雑誌で日本全国の書店やコンビニエンスストアなどへの配送網を作り、そこに書籍を載せることで成り立ってきた仕組みなのである。欧米で出版取次と呼ばれる業態(ホールセラー、ディストリビューター)は書籍専業の流通業者であり、雑誌と書籍の流通を組み合わせた取次システムは、日本にしか存在しないと思われる。

图片 20

所谓代理就是利用利润高的杂志将全日本的书店和便利店编织成配送网,进而凭借此配送网销售书籍。在欧美,被称为“出版代理”的人是专门发售书籍的,这种杂志和书籍捆绑发行的模式是日本独有。

图片 21

このように、雑誌流通が書籍流通を支える内部補助の構造によって、日本では書店に毎日、1冊から書籍を届ける流通体制が維持され、さらに書籍の流通費用を低く抑えることで、書籍の価格が諸外国に比べて極めて安く設定されてきた。ちなみに、書籍だけで成立させている先に挙げたアメリカやドイツでは、書籍の価格は日本に比べると1.5倍から2倍以上する感覚だ。

图片 22

在日本凭借这种靠着杂志的发行流通支持书籍的发行流通的内部补助结构,书店每天维持一本书的发行流通就可以进一步降低书籍的流通费用,因此图书价格也会比其他国家便宜许多。顺便一提,前文提到的只代理发行书籍的美国和德国,这两国图书价格是日本的1.5到2倍以上。

图片 23

雑誌市場縮小が書店と取次に打撃

图片 24

杂志市场的缩小使书店和代理公司受到重创

图片 25

かつて、日本の出版市場は「雑高書低」と呼ばれていた。雑誌の販売額が書籍を大きく上回っていたためだ。

图片 26

过去日本的出版市场是“杂高书低”,杂志的销售额远远高于书籍。

图片 27

出版業界の売り上げがピークを迎えた1996年には書籍の販売金額1兆931億円に対して、雑誌の販売金額は1兆5633億円と1.5倍ほどの規模だった。雑誌の売り上げが大きかった当時、出版業界の収益性は高く、それが書店の旺盛な出店の原動力にもなっていた。

图片 28

在出版业销售额达到高峰的1996年,杂志的销售额为1兆5633亿日元是书籍销售额1兆931亿日元的1.5倍。杂志大卖的同时,出版业的受益也水涨船高,这也是书店频繁开新店的原因。

しかし、その後、出版物の販売量は減少の一途をたどる。特に、雑誌はその頃拡大し始めていたインターネットや、携帯の普及に伴って急激に市場が縮小。2017年の雑誌の販売額は書籍の7152億円を下回り、6548億円と最盛期の3分の1ほどに縮小してしまった。

但在那之后出版物的销售量不断下滑。尤其是随着网络和手机的发展、普及,杂志市场急剧缩小。2017年杂志的销售额比书籍7152亿日元的销售额还要低,仅6548亿日元减少到了鼎盛时期的三分之一左右。

このことが、雑誌の収益に頼っていた中小書店の経営と、雑誌で巨大流通網を回してきた総合取次の経営を直撃した。

靠着杂志得以盈利的中小型书店和借着杂志来运转巨大流通网的综合代理公司都受到了重创。

書店、とりわけ駅周辺や商店街にあった雑誌販売を中心とした従来型の「街の書店」が急速に姿を消した。2018年2月、個性的な品ぞろえなどで多くのメディアから注目されつつ閉店した幸福書房も、雑誌と書籍の売上比率が逆転したことが、経営に大きな打撃を与えたという。

书店特别是开在车站附近和商业街以销售杂志为支撑的传统的“街上的书店”迅速消失。2018年2月,有许多个性商品并深受媒体关注的幸福书房也关门大吉,据说杂志和书籍的销售额比例逆转,对经营造成了很大的冲击。

图片 29

大手総合取次も日本出版販売とトーハンという上位2社や一部専門取次を除き、業界3位だった大阪屋、4位の栗田出版販売、5位の太洋社が次々と経営破綻するに至った。

本文由betway体育官网发布于两性话题,转载请注明出处:不断消失的「本屋さん」:独立小书店为何在日

您可能还会对下面的文章感兴趣: